トップページ > 税金の関係

税金の関係

慰謝料として扱う金額は、基本的にとても大きなものです。安くても数十万円、高いもの似ると数百万円という金額がよくあるくらいです。そうなってくると気になるのが、離婚の慰謝料には税金がどれくらいかかるのかということです。しかし安心してください。離婚の慰謝料の場合、基本的に税金はかかりません。

離婚の慰謝料は、損害賠償金に類するものです。相手に対して精神的苦痛を与えた賠償として支払う・受け取るものなので、所得税法上は非課税となっているのです。しかしここで気をつけなければいけないことが一つあります。それは慰謝料の金額が、社会通念上妥当な金額を超えている場合、その超えた部分の金額は贈与と見なされることです。こうなると、その金額は贈与税の対象になる場合があるのです。

ちなみに離婚の慰謝料を払う場合は、税金について特に考える必要はありません。贈与税は受け取る側に課せられるものなので、相手に配慮して、そのようなことが起こらないようにすれば良いだけです。ただし慰謝料を用意する段階で、土地や建物を処分するようなことがあるなら、その場合は支払う側に譲渡所得の税負担がかかることになります。

税金についての知識があまりない場合、これらのことで引っかかってしまう可能性は大いにあります。そうならないためにも、離婚の慰謝料を受け取る・支払う・用意する段階で、しっかりと専門家に相談しておくようにしましょう。事前にこういうことが起こらないようにしておけば、スムーズなやり取りが可能になります。

関連エントリー
離婚の慰謝料とは
慰謝料の相場
算定基準
必ず発生するものではない
財産分与
請求期限について
慰謝料が認められない場合
誰に相談すればOK?
税金の関係
離婚の慰謝料を請求
離婚するかも?性格の不一致でしょうか

メニュー
夫婦のトラブル情報
夫婦生活ナビゲーション
結婚について
サイト情報
運営者情報