トップページ > 慰謝料が認められない場合

慰謝料が認められない場合

離婚の慰謝料は、離婚するときに必ず支払われる(支払う)というものではありません。状況次第では慰謝料を払う必要がないという場合もあるのです。それでは、離婚の慰謝料が認められないのは、いったいどのような場合なのでしょうか。

相手に慰謝料を払う責任があっても、こちら側にも同程度の責任がある場合、慰謝料は認められません。これは相手に対する慰謝料とこちらが受け取る慰謝料とで相殺されるからです。慰謝料を請求された側に違法性がない場合も、慰謝料を請求することはできません。そしてこれはとても重要なことですが、例えば浮気をしたことが原因で離婚をするようなことになった場合、その浮気を証明する証拠が不十分な場合、離婚の慰謝料が認められません。本人に問いただして確実に認めたということになれば大丈夫ですが、十分な証拠もなく、こちら側で決めつけて慰謝料を請求しようとしても認められないのです。

さすがにそこまで極端なことをしようとする人はいないと思いますが、頭に血が上りすぎるとこのようなことをして、結局上手く行かないということがあるので注意してください。まずよほどのことがない限りは、相手側に過失がある場合は、慰謝料の請求は認められます。しかし、中には例外のようなケースもあるので、気をつけてください。専門家に相談すればこのようなことが起こることはないので、離婚の慰謝料問題は専門家に相談して、ベストな行動ができるようにしましょう。

関連エントリー
離婚の慰謝料とは
慰謝料の相場
算定基準
必ず発生するものではない
財産分与
請求期限について
慰謝料が認められない場合
誰に相談すればOK?
税金の関係
離婚の慰謝料を請求
離婚するかも?性格の不一致でしょうか

あなたにあったアルバイトを見つけてみませんか?

メニュー
夫婦のトラブル情報
夫婦生活ナビゲーション
結婚について
サイト情報
運営者情報