トップページ > 請求期限について

請求期限について

離婚の慰謝料は、離婚するときに請求するものです。しかし中には離婚した当時は請求しなかったけど、後々問題となることが見つかって、改めて離婚の慰謝料を請求するというケースもあります。しかしここで気になるのは、それはいつまでも対応してもらえることなのかということです。

離婚の慰謝料には請求期限があります。これは法律で定められているもので3年となっています。離婚してから3年経過して慰謝料を請求しようとしても、相手側に応じる義務はありません。善意から慰謝料を請求せずに離婚したが、後々請求するということがないようにしましょう。ちなみにこの3年という数字ですが、実は他の部分で使われます。

例えば離婚の原因になることも、それが判明してから3年以内でなければ慰謝料を請求できなくなってしまいます。ただし、これはあくまでもその事実を知ってから3年ということなので、4年前にした浮気が判明したとしても、そこから3年以内であれば慰謝料を請求できるので安心してください。後から話を蒸し返して、3年以上経過した後に慰謝料を請求してもできないということです。

ちなみにここで気をつけなければいけないのは、3年以内にその浮気を知ったという証拠が必要なことです。以前から知っていたけど、慰謝料のために最近知ったとねつ造しても、慰謝料を払ってもらえません。離婚の慰謝料というよりも慰謝料自体が3年以内という制限があると覚えておくと良いでしょう。

関連エントリー
離婚の慰謝料とは
慰謝料の相場
算定基準
必ず発生するものではない
財産分与
請求期限について
慰謝料が認められない場合
誰に相談すればOK?
税金の関係
離婚の慰謝料を請求
離婚するかも?性格の不一致でしょうか

メニュー
夫婦のトラブル情報
夫婦生活ナビゲーション
結婚について
サイト情報
運営者情報