トップページ > 財産分与

財産分与

離婚の慰謝料は、片方が悪い場合は必ず支払わなければいけないものというイメージがありますが、慰謝料は半分以上の人がもらっていないのが現実です。双方が同じだけ過失があるのなら、離婚の慰謝料が相殺されるということはあるかもしれませんが、離婚する場合の半数以上がともなると、本当にそんなことが起こるのかと思ってしまうのではないでしょうか。しかしここには、財産分与というものが関わってくるのです。

財産分与とは離婚をするときに夫婦の財産をどのように分けるのかというものです。そしてこれには、住居なども含まれる場合があります。離婚の慰謝料にもある程度の相場があります。これは50万~300万円ほどと言われています。よほど特殊な事情でもない限りは、この範囲で収まる場合がほとんどと考えて良いでしょう。そしてこれだけの金額なら、財産分与で慰謝料の分をまかなえてしまう場合がほとんどです。

例えばマンションを持っている場合、財産分与と慰謝料込みでマンションを渡してしまえば、十分すぎる金額になります。これにより、実際に支払う慰謝料が発生しなくなるのです。慰謝料が完全になくならないとしても、財産分与の段階で大幅に慰謝料の額が減額されるというケースは多々あります。離婚の慰謝料は必ずもらえるもの、必ず払わなければいけないものと考えている人もいるかもしれませんが、財産分与のことも含めると、決してそういうものではないということが分かるはずです。

関連エントリー
離婚の慰謝料とは
慰謝料の相場
算定基準
必ず発生するものではない
財産分与
請求期限について
慰謝料が認められない場合
誰に相談すればOK?
税金の関係
離婚の慰謝料を請求
離婚するかも?性格の不一致でしょうか

メニュー
夫婦のトラブル情報
夫婦生活ナビゲーション
結婚について
サイト情報
運営者情報