トップページ > 必ず発生するものではない

必ず発生するものではない

離婚の話題があると、必ずといって良いほど慰謝料の話題が出てきます。慰謝料はどれだけもらうことができるのか、もしくはどれだけ払わなければいけないのかということは、絶対といわなくても高確率で出てくる話題です。しかし離婚の慰謝料は、必ず発生するものではありません。状況によっては慰謝料を払うということがない場合もあるのです。

そもそも慰謝料とは、精神的苦痛を受けた場合に支払われるものです。お互いが納得した上で離婚をすることになった場合、どちらが悪いというわけではないので、慰謝料を支払う必要はないのです。よく考えてみれば当たり前のことなのですが、離婚といえば慰謝料というイメージが定着してしまっている場合、すぐに慰謝料のことが頭に浮かんでしまいます。

これとは別のケースとして、双方に過失があるという場合も、最終的に慰謝料が発生しないということがあります。夫婦間の良し悪しは、必ずしも片方だけが悪いというわけではありません。完全に双方の分がなくなるというケースはあまりありませんが、これによって慰謝料が大幅に減額されるということもあります。

慰謝料の問題はお互いが納得してはじめて成立するものです。もしかしたらいくら話し合っても、双方が納得する着地点が見つからないということもあります。そうなると今度は裁判で争うということにもなります。離婚の慰謝料について話し合う場合は、プロもまじえてしっかりとした基準の下で行うようにしましょう。

関連エントリー
離婚の慰謝料とは
慰謝料の相場
算定基準
必ず発生するものではない
財産分与
請求期限について
慰謝料が認められない場合
誰に相談すればOK?
税金の関係
離婚の慰謝料を請求
離婚するかも?性格の不一致でしょうか

メニュー
夫婦のトラブル情報
夫婦生活ナビゲーション
結婚について
サイト情報
運営者情報